『最速!!the kaneyan website 』 blog

琵琶湖バスフィッシング情報、JBトーナメント速報、
日本海京丹後・若狭・山陰ソルトウォーター情報、金やん男の3分クッキング!
サラリーマンアングラーの日々の出来事を情報発信中!
湖西日本海ジギング&イカメタル連合愛好会メンバーのレポートもアップあり!
<< tailwalk | TOP | 梅雨の肉 >>
JB生野銀山湖シリーズ第1戦ゲーリーヤマモトカップ
0

    コロナの影響による政府の緊急事態宣言により中断となっていた

    日本バスプロ協会各シリーズトーナメントも、7月よりコロナ感

    染対策を万全に取った試合運営で開催する運びとなり、自分が登

    録するJB生野銀山湖第1戦ゲーリーヤマモトカップに参戦して

    きました。

    湖は満水、放水もストップと水が完全に止まる状況下、天候も晴れ

    時々曇り、前日プラの状況は激タフ、ベイトも少なくバスの気配も

    少なく、反応もなくと相当厳しい試合になることが想像され、チャ

    ンスは少ないも自分のスタイルである攻めのメタルジグパターンと、

    フォローでライトキャロとダウンショットを投入するプランに。

    大会本部からは万全の体制にと参加選手にはフェイスシールド

    とマスク1箱の配布もあり。

    朝のミィーティング、試合後の表彰式の集合も省略され、湖上の

    ボートに乗ったままミィーティング関係は実施される密回避の徹

    底運営となりました。今年はこのスタイルで開催となるとのこと。

    試合の方は大苦戦のいいところなし。ディープの回遊バスを引き当て

    ることができず、ほぼノーバイトの完全試合となりました。

    今回のタックル、ラインはスーパーストロングPEエックス8の1.5

    号にリーダーはパワーゲームルアーリーダー10lbのメタルジグ1/4

    oz〜1/2oz。ライトリグにはソラロームエックスレッドタイプNSの3

    lbを使用しました。

    結果、優勝は最上流エリアで60アップ含むぶっちぎりの4キロ、

    3位までキロ、5位で300g台と厳しい試合になりました。

    周囲ではS先輩が300g台で6位とバスプロ選手権の参戦権を

    早々に獲得されておりました。

    次戦は9月の開催となり、自分の得意なシーズンにつき必ず取り返

    して見せます!

    | 速報!バス釣り編 | 23:28 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP