『最速!!the kaneyan website 』 blog

琵琶湖バスフィッシング情報、JBトーナメント速報、
日本海京丹後・若狭・山陰ソルトウォーター情報、金やん男の3分クッキング!
サラリーマンの日々の出来事等を情報発信中!
<< 敦賀は好調! | TOP | 夏対策 >>
8月上旬若狭イカメタルレポート
0

    暑過ぎる灼熱の8月到来!月曜は夏季休暇を取り、人が少ない中で

    のイカメタルを期待し、また近所の小浜より、いつもの船で日本海

    若狭へ!

    灼熱。到着すると端の特等席は、浮きスッテを8つ程付けた置き

    竿電動リールスタイルの胴付きスッテのおじさん達に抑えられて

    おりました。『兄ちゃん!昔はこの釣りが主流やったんやで〜

    時代は変わったな〜!』とのこと。

    今回は夕方〜21時半頃までは小浜沖水深68mでアンカーも

    反応が悪く、浅場はベイトも少なく、マイカの反応悪く、少し

    深めでポツリポツリ、私は7ハイ、周囲も一桁前半と厳しい

    状況。そこから船長の僚船?のいる常神半島方面沖へ、闇夜の中

    激走し到着!すると潮の流れもある状況下、水深20〜70m

    の幅で反応は良く、エキサイティングな棚追いゲーム、ラスト

    1時間半で追い上げ、合計10名程の中、なんとか21ハイと

    今回竿頭となりました。

    この船は、棚の船長アナウンスは一切なく、自分一人で考え棚を

    追うエキサイティングなイカメタルが楽しめるところが実にいい。

    小浜の型は少し小さ目ですがこれがうまい!この日最大サイズの

    マイカにはなんとエソ野郎が30m付近で食い付いてき、船べり

    まで銜えて離さず、目立った傷はないも、マイカは瀕死状態。

    ラインはスーパーストロングPEエックス8の0.6号を使用。

    鉛スッテは20号をメインに使用しました。

    ちなみに隣の胴付きスッテは、確かに棚は広く探れますが、手返

    し悪く見ていて効率が悪いように思えました。

    帰港1時間の仮眠タイムがありがたや!ヤッイヤー!

    また、前日の湖西連合但馬城崎釣行組は良型マイカ、コマサもポロ

    ポロと、今の状況は前日で一人70ハイ前後と、やはり日本海但馬

    エリアのマイカとヒラマサのポテンシャルは非常に高いですね!

    | 速報!ソルトウォーター編 | 10:38 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP