『最速!!the kaneyan website 』 blog

琵琶湖バスフィッシング情報、トーナメント速報、バスフィッシング特ダネ情報、
日本海若狭・山陰・越前ソルトウォーター情報、金やん男の3分クッキング!
サラリーマンの日々の出来事等を情報発信中!
JB生野銀山湖第2戦、5位
0


    ​前日プラは午後2時から終了時刻の約2時間出ることができ、風あり、
    少し濁り​あり、自分のスタートはゼッケン35番、青組10番でフラ
    イト順は必然的に悪く​なるため、試合当日予想されるネスト合戦は早い
    もの順となるため端から捨て、中流下流エリアの状況、雰囲気を掴み、
    試合で使うエリアを探しチェックして周りました。
    ​試合当日も風はヤフー予報で3m前後吹くとのことで巻きパターンで​は
    スピナベとスイムジグ、カバー打ち、偶然フィッシュパターン​として
    ライトリグはダウンショットのタックルをメインに準備することに。




    ​今回スピナベ(3/8ozと1/2oz)ダブルウィローパターン(ジンクス)
    は、バウオエクスレッド​12lbを使用、アフターの魚が付きそうな立ち木、
    倒木等をタイトに​スローロール、1本=1168gをキャッチしたポイント
    は水深18m​立ち木のトップは5m程という場所でした。スローロールして
    ​いるスピナベがゴンと止まった瞬間は快感!必死に巻いて立ち木から離し、
    ​ネットインした瞬間後、しばらくは絶叫していたとのこと(対岸にいた選手
    より)。​この時点でまだ9時半、間違いなくこのパターンは続くと確信、そ
    こから同じ​く似たエリアをランガンするも、さすが銀山湖はそこまで甘くな
    い、同じ状況のバスはまったくおりませんでした。
    ​ちなみに朝一は、PDチョッパー1/4oz+ワンナップシャッド4に35クラス
    ​が出て来るもバイトには至らず。


    (NBCNEWS提供)

    ​参加47名、ウェイイン18名、上位2名は最上流黒川エリアでの
    ​サイトフィッシングでした。中流上流域では釣っている選手は皆無
    ​でしたが、上流は結構釣れていたようでした。あと1本を出せず、
    ​残り2戦、バスプロ選手権と優勝目指して頑張ります。


    ​新名神道路は最高に楽ちん!中国道宝塚周辺の渋滞回避のため
    ​丹波経由で帰る必要がなくなりました。試合の閉会式後でも
    渋滞を気にすることなく帰れるようになり、道も綺麗で気持ち
    よく感謝。

    | 速報!バス釣り編 | 23:05 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    JB生野銀山湖第2戦速報!
    0




      ​(NBCNEWS提供)

      本日の第2戦は5位入賞!スピナベのスローロールパターンで​1本=
      1168gをキャッチ!優勝は2本=2302gでした。
      サイト合戦の中、スピ​ナベの巻きパターンで、自分が思い描く通りの
      魚の出方で、久々に痺れ、銀山湖で長い雄叫びを上げてきました。
      詳細は追ってご報告いたします!​

      | 速報!バス釣り編 | 22:09 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      JB生野銀山湖第1戦
      0


        ​今回の生野銀山湖遠征より利用できる新名神、名神高槻から神戸
        ​JCTまで一気に通行できるようになり大変便利に!(東レ鈴木
        スタッフ撮影)
        ​私は試合当日の朝、余裕を持って早めの湖西2時半発5時銀山湖着、
        新名神はガラ​ガラでした。ちなみにGW中にもかかわらず、復路夕方
        は銀山湖→湖西まで所要時間2時間と驚きの​ドライブ!

        ​今回は朝来町の常宿に前泊できす。前泊組の東レスタッフ​杉山氏は
        今回見事に6位1本=1096gと入賞!ネストパターンとの​こと。
        ​試合のタックル準備、入浴後のこのお食事タイムは至福のひと時。

        ​前プラ情報ではネストは10カ所程?と、私はゼッケン35でフラ
        イト順は悪いため​、どう転んでもネストパターンは期待できないため、
        普通の釣りで勝負することに、ジグヘッドのミドスト、スコーンとスピ
        ナベ、クランクの巻き系、テキサスのカバー打ちをメインに考えており
        ました。水も少しだけですが濁り気味とプラス要素に。

        ​今回は、中流〜下流域で勝負、10時頃からは風も強まりいい感じで
        巻きまくった​のですが、スコーンの巻きに50クラスの1チェイスのみ
        バイトはして​くれず、帰着13:45のタイムアップとなりました。

        ​優勝2本=2582g、5位1本=1139g、参加49名ウェイン
        11名、お立ち台上位は​ほぼネストパターン、1本取れば​入賞できる
        チャンスな試合にも関わらず、その1本を絞り出せず悔しい限り。

        ​今回のメインタックルは、​スコーンリグ3/8ozと1/4ozに、バウ
        オエクスレッド12lb、アイロッドIRG744C−MH​7‘4、C
        URADO201HG等の2本を、カバー打ち用には21g、14g
        テキサス用にはソラロームルアーPE66lbとバウオエクスレッド
        ​16lb、アイロッドIRG704C−7‘0、CURADO201D
        HSV等の2本を、スピニング​タックルは、モノガードラウンドジグ
        ヘッド2.7gの​スイミング用にバウオエクスレッド3lb、BL
        631ULFS6‘3、ツインパワー2500等の2本を使用しました。

        | 速報!バス釣り編 | 23:15 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        JB生野銀山湖第4戦当日
        0


          試合当日は、晴れでほぼ無風、前日プラでわずかながら反応を得れた
          中流域インセクエリアに入り、バウオエク​スレッド10lbを使用した
          メタルジグにて、開始早々幸先良くナイスキーパーをキャッチ、周り
          ではフットボールジグのリ​アクションでバスをキャッチする選手もおり
          エリアは正解。その後ライトリグでグッドサイズをキャッチする選手が
          いるも、時間の経過とともにプレッシャー​がかかりメタルには反応しない
          と判断、別のエリアでメタルジグに反応ある場所を求め、少し下流に移動
          し、小刻みにランガン、時折バウオエクスレッド2.5lbを使用した
          ダウンショットでフォローを入れるも、その後もキーパーは​入らずタイム
          アップ!自分の好きなメタルジグにて攻め続けやり切った満足感はあるが、
          念願のバスプロ選手権出場の権利は獲れず2017年のトーナメントは
          終了となりました。悔しい限りです。



          1本=459gの28位、参加52名、ウェイイン率82%と濁りで
          釣れた試合になりました。


          ​仕事でプラに入れれず当日参戦の鈴木先輩は、中の島でのボイルパタ
          ーンを見つけ、スモラバ+エコカットテール3.5inの表層近くのス
          イミング​、バウオエクスレッド3lbにて1本=1312gでお見事
          3位入賞。最近は日本海ではしゃぐおじさんの姿しか見ていなかった
          のですが、さすがやりますね。この時ばかりは脱帽。

          ​優勝は赤松プロ3本=1670、立ち木を絡ませたラバージグのスイ
          ミング​パターン、バスが浮いていることをキーに攻められておりました。
          ​2位の長井プロもお見事下流域で1日ディープクランキング3本=
          1534gも圧巻、恐れ入りました!

          | 速報!バス釣り編 | 21:01 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
          最終戦前日プラックティス
          0


            最終戦の前日プラックティス、台風18号以降湖全域が白濁りの
            状況下、この時期得意なメタルジグパターンで勝負することを考
            えつつ、バスが付くレンジを探し当てることがキーと考え、中流
            域をメインに細かくチェック、やはりこの濁りが影響して、例年
            魚が付く場所に魚はおらず、反応もなく、唯一薄くベイトが映った
            10mレンジのエリアでメタルジグで1バイトのみと厳しい状況。
            当日も晴天の予報と状況は変わらないため、プレッシャーの少ない
            朝の時間帯が勝負と考え、メタルジグで反応があった似たエリアを
            ランガンするか、もしくは人の少ない下流エリアでディープクラン
            キング、またはシャッド引きで勝負するか迷い、ラインを巻き換え
            タックル準備をすることに。

            | 速報!バス釣り編 | 23:32 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
            JB生野銀山湖第3戦
            0



              結果は49名参加で、ウェイインは12名、優勝は有里君で3本=
              1641g、上流インセクエリアにてのライトキャロパターン、し
              っかりバスの動き・ポジションを押さえたパターンでお見事。
              その他、立ち木やロープ等を絡め、ネコリグやI字系で釣るコメン
              トが目立ってました。5位には同じ東レスタッフの杉山プロが3本
              =683g、同じくインセクエリアでキーパーが周ってくるシャロ
              ーのスポットを押さえて、バウオエクスレッド3lbを使用しての
              ライトリグパターン。
              私は朝一、下流域で日が差してないエリアをバウオエクスレッド12
              lbを使用したCB200巻きパターンと、バウオスーパーハードポ
              リアミドプラス16lbを使用したトリプルインパクトのスロー引き
              &ジャーク引きパターン。
              日が昇るとランガンにて、バウオエクスレッド10lbを使用したメ
              タルジグディンプ3/8ozにてディープレンジでベイトが反応する場所
              を打ち、バウオエクスレッド3lbを使用したダウンショット1/16
              oz〜1/32ozにて立ち木、岬等をランガンするも、反応なくタイムア
              ップ。
              次回は最終戦の9月のみ、残された1戦で結果を出し、バスプロ選手権
              の権利をしっかりと獲得してみせます。

              | 速報!バス釣り編 | 22:34 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
              前日プラックティス
              0

                JB生野銀山湖第3戦へ、湖西をAM4時出発、名神、中国道、
                舞鶴自動車道経由で春日から7号線で青垣峠越えで生野銀山湖
                へ!

                大減水で湖畔前の島から法道方面へ向かうと最深部で水深20m程
                と水が少なく驚く。これでも水位は少しは回復傾向とのこと。

                晴れたり曇ったりと気圧は高く、蒸し暑い銀山湖。

                全域をチェックし、キーパー2本でお立ち台?というタフな状況。
                明日の天候もこの日と似たような、晴れ時々曇りと、厳しい試合
                になることがわかりました。水位が減り続けていたためディープ
                パターンもありと考え、メタルジグで9m〜19mまでの各エリ
                アをチェックするもニゴイ3本、バスは出ず。ただ怪しい雰囲気
                を感じたため、メタルも明日の試合では投入することに。
                朝の時間帯は下流域でトップ、その後は中流域をメインにメタル
                ジグとライトリグでランガンすることに。いいサイズを1本獲れ
                ば今回は良いのだ!
                使用ラインはメタルジグディンプ1/4ozと3/8ozにはバウオ
                エクスレッド8lbと10lb、トップウォーターにはトリプル
                インパクトやマイキーを使用、バウオスーパーハードポリアミド
                プラス16lb、ダウンショット1/16oz〜1/32ozにはバ
                ウオエクスレッド3lbを使用しました。
                 
                | 速報!バス釣り編 | 22:55 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                JB生野銀山湖第2戦速報
                0

                  優勝は1本=1536gにて三原プロが2連勝とお見事な結果!

                  今回はサイト合戦となりましたが、私はアフターの回遊狙いを

                  メインの戦略に。下流域の岬でライトリグメインに展開も、魚は

                  周って来ず敗北。追ってレポートいたします。次の7月第3戦に

                  リベンジします!

                  | 速報!バス釣り編 | 23:16 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  JB生野銀山湖第1戦
                  0

                    今回はファーストフライトの5番目といい条件下のスタート、まずは下流
                    域のカバー数カ所をテキサスで打ち、程良い風が吹いていたのでスイムベ
                    イトとスピナベを流しながら中流域を上流に向かい移動、カバー数カ所を
                    打っては、スイムベイト、ジグヘッドのミドスト、時折メタルジグで魚探
                    に反応が出た場所を打ち、タイミングを見てまたカバー打ちを繰り返すパ
                    ターンに、勝負は昼辺りの水温が上昇してからと考えておりました。

                    一心不乱に打ち続けました。
                    メインとなるテキサリグは2本、18gにはソラロームルアーPE66lb、
                    14gにはバウオエクスレッド18lb、ダッドカットの3と2.5inのグ
                    リパンとダイワボスクロー3inを使用、スイムベイト用にはスタッガー6in
                    のアユにてシンカーは2.8gにてスロー引き、同14lbを使用。
                    、3/8ozスピナベには同12lb、ジグヘッドミドスト用には同3.5lb
                    を使用。メインパターンのカバーを打ち続けるも昼を過ぎても魚は入って来ず
                    敗北。
                    しかも最後に長年愛用してきたアイロッドとCURADO201DHSV
                    が湖のインセク上流の水深2m付近に沈んでいきました。(涙)

                    結果は46名参加でウェイイ16名、優勝は2本=4003g、ブッシュ
                    下に付くビッグバスをバウオエクスレッド4lbのネコリグでキャッチし
                    た三原プロ、2位=1本3654gの倒木に付くビッグバスをサイトパタ
                    ーンで攻略したミゲルさん、以下11位までキロフィッシュとここ近年稀
                    に見るハイウェイト戦となりました。
                    下流域では、試合前夜や当日にネストができ、また晴れてバスがカバーに
                    付いてカバーパターンが成立しておりました。
                    私が選んだエリアはまったくダメエリア、今回の敗北を取り返すべく次戦
                    は巻き返しを図ります。

                    | 速報!バス釣り編 | 23:40 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    前日プラックティス
                    0

                      湖西を朝4時に出発し生野銀山湖に到着!朝方は風も強い状況、
                      全域の魚の状況とカバーの状況をチェック!

                      昼過ぎに雲行きが怪しくなり、雷が鳴り出したため
                      橋の下に避難した時間帯も!魚は見付けることがで
                      きずも、明日やることは決まったため14時過ぎに
                      プラを終了。湖西も午後は雷雲発生と荒れたようで
                      すね。

                      いつもお世話になっている定宿でタックルセッティング!今回は
                      ラインを全て巻き直し!
                      ソラロームルアーPE66lbとバウオエクスレッド18lb・
                      14lb・10lbと3.5lbをメインラインに!
                      今回は5名のアングラーと宿泊となりました。湖は若干濁ってお
                      りましたが、皆さん3、4カ所程のロックした魚を見つけておら
                      れ、ペアリングしたビッグサイズもいたようです。
                      最近、海でメーター近い鰤ばかり見ていたので見つけられなかっ
                      たかな・・・。

                      | 速報!バス釣り編 | 23:04 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                      • 1/81PAGES
                      • >>